世界初「性を喪失」!メスだけで仲間を増やすシロアリ を発見

以下リンク
ハザードラボより引用

-*-*-*-*-*-*-*-*-

 メスだけで仲間を増やすシロアリが四国と九州で見つかったと、京都大学のグループが3日発表した。シロアリ社会の常識を覆す、オスがいないアマゾネスのようなシロアリだ。

 一般的にシロアリといえば、家を食い荒らす害虫として知られる。京大農学研究科の松浦健二教授と矢代敏久特定研究員らのグループは、人家ではなく、もっぱら西日本や小笠原諸島の森林に住む日本固有種の「ナカジマシロアリ」に着目。

 本州から四国、九州、沖縄・奄美、小笠原諸島と、すべての生息地で採集調査を実施し、巣を構成するシロアリの性別を調べた結果、高知と徳島、大分、宮崎、鹿児島の個体群には、メスしかいないことが判明。一方でそのほかの地域では、オスとメスの比率はだいたい1:1とバランスが取れていた。
にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ 続きを読む

動画「全地球史アトラス」の公開 -研究成果に基づき生命の誕生と進化のストーリーを再現した最新映像-

■概要
東京工業大学地球生命研究所丸山茂徳 特命教授および情報・システム研究機構国立遺伝学研究所 黒川顕 教授ら研究グループ、文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究「冥王代生命学創成」 (課題番号 2605)において、これまで未解明問題であった「地球と生命起源」を解明する研究に取り組んできました。

2014 年度から始まった本研究によって、丸山 特命教授ら、生命誕生場および生命起源、進化に関 するこれまで定説を覆す新たな仮説を提案してきました。こ新仮説をわかりやすく専門外方々に紹介することを目的として、「冥王代生命学創成」研究チーム、有限会社ライブ上坂浩光氏とともに、動画「全地球史アトラス」を制作し、順次公開してきました。今回、新シリーズを公開します。

本動画で、最新研究成果により提案した仮説に基づいて、地球誕生、そして生命誕生と進化を映像化しています。
にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ 続きを読む

ヒトのゲノムに外部から入り込んだウイルスによる薬物中毒

以下リンク
Gigazineより引用

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 
ヒトのゲノムには、実は外部から混入したウイルスが一定数入り込んでおり、ゲノムの一部として遺伝しています。「レトロウイルス」由来とみられる外来性のゲノム配列は「内在性レトロウイルス」と呼ばれ、人間の脳にも大きな影響を与えてきたと考えられていますが、そんな内在性レトロウイルスが薬物中毒と相関関係があるという研究結果が報告されました。

ヒトゲノムの中には、はるか昔に侵入して以来遺伝され続けてきた内在性レトロウイルスが散在しています。多くのヒト内在性レトロウイルスは全ての人間に対して同じように遺伝していますが、一部の内在性レトロウイルスについては、ゲノムに対する混入割合に個人差があるとのこと。

オックスフォード大学とアテネ大学が共同で行った研究では、「内在性レトロウイルスの一種である『HERV-K HML-2(HK2)』がドーパミンの放出に関連する遺伝子(RASGRF2)の近くに存在すると、薬物中毒者になりやすい」という有意な相関があることが発見されました。
にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ 続きを読む
ギャラリー