すべての動物の体内で『元素転換』が起こっている

「ルイ・ケルブラン」の原子転換説とは
リンク

まず、生体における(常温常圧における)原子(元素)転換というのは、食べ物の中のミネラルが、体の中で別のミネラルに変化するということです。しかし、現代の常識では考えられないことで、現代科学では、いまだに解明できないか、そうなると誰かが困るからです。
にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ 続きを読む

生体内元素転換と陰陽説に基づくスパイラル周期表①

以下、
リンク
より引用です。


書籍「Cool Fusion クール・フュージョン 」
(エドワード・エスコー、アレックス・ジャック共著)からの抜粋


1950年代、フランス人生化学者のケルブランはフランス政府の下でサハラ砂漠でのあるプロジェクトに関わっていた。極難の状況下で油井を掘削している労働者の一団を調査することが目的だった。真夏の炎天下での長時間労働は身体の水分を枯渇させる可能性があることは十分知られていたが、暑さに苦心しながらも労働者は何ら明らかな病状を示さず、日蔭のない鉄板の上で働いていた。
にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ 続きを読む

生体内元素転換と陰陽説に基づくスパイラル周期表②

 分光器を用いた色波を観察することで主要な元素のスパイラル配列が可能となった。約8,000~5,000オングストロームが陽性の元素の範囲であり、約5,000~3,000オングストロームが陰性の範囲である。この図によれば、軌道上の反対に位置する元素、例えば水素(H)と酸素(O)は陰陽それぞれが互いに引き合うという原理により容易に結合する。一方、同様の位置を占める元素、例えば水素(H)とヘリウム(He)は、温度、圧力、性質など技術的な変化が適用されない限り結合は難しい。 にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ 続きを読む
ギャラリー