AWG(段階的素粒子波動発生装置)~特定の周波数で細胞に働きかけるAWG~

*****以下、所長のなんでもメモ帖・雑談日記より引用 リンク

■特定の周波数で細胞に働きかけるAWG

AWGについて、「人によって効果がない人もいるのではないか」というお問い合わせをいただくことがあります。しかし、 私が施術してきたほとんどの方は、個人差はあるとはいえ何かしらの身体の変化を感じていらっしゃいました。薬は体質によって効く人と効かない人がいますが、AWGではそういうことがありません。

これは、どういうことでしょうか。人の身体はすべて、電気的な信号の周波数でコントロールされていると考えられます。身体の組織にはいろいろな色がありますが、この色の違いは周波数や波長の違いです。たとえば、目には白目と黒目があり、唇はピンク色です。人の身体はほとんどがたんぱく質でできていますが、たんぱく質は含まれる物質によって構造が異なり、光を反射する周波数や波長の違いによって色が異なって見えているのです。もともと光そのものに色があるのではなく、物質が吸収する周波数や波長があるため、物質に色があるように見えているのです。
にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ 続きを読む

AWG(段階的素粒子波動発生装置)~病原性の低い状態に戻す AWGのマイナス電流~

*****以下、所長のなんでもメモ帖・雑談日記より引用 リンク

■病原性の低い状態に戻す AWGのマイナス電流

先に、シンプロチットと1本のフィラがくっついてフィラが鞭毛のようなものになったものをスーパーミットと呼ぶと説明しましたが、スーパーミットは現代医学では バクテリオファージ(「細菌を食べるもの」という意味) と呼ばれています。バクテリオファージは細菌の細胞膜を破壊して「溶菌」現象を起こすものだと現代医学では考えらているのですが、エンダーレイン博士はこの現象についてはまったく別の考え方をしていました。

すなわち、エンダーレイン博士は、現代医学で細菌の細胞膜を破壊すると考えられている現象を細菌の交配だと考えたのです。スーパーミットは、細菌の一次核であるミーシと交配して、結合の少ない状態に戻るとエンダーレイン博士は考えました。これにより、細菌は体内共生微生物の周期の「病原性」の低い形態に戻るのです。この結果だけを考えたら、バクテリオファージとして細菌を食べてしまうにせよ、交配して結合の少ない状態に戻るにせよ「病原性」の低い状態になることに違いはありません。
にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ 続きを読む

イモリの高い再生能力のカギは未成熟な赤血球にある

イモリは非常に高い再生能力を持ち、千切れた尾が再び生えてくるのはもちろん、目や脳、心臓といった器官でさえも再生する種もいる。
この再生能力は、未成熟な赤血球が、組織の再生に必要な酵素や、細胞を未分化状態に戻す作用に関わる物質を分泌することで発揮されていることが確認された。

◇イモリの再生、目・脳・心臓も 高い能力の秘密は赤血球リンク
<朝日新聞デジタル>より
////////↓↓転載開始↓↓////////
 日本に生息する両生類のアカハライモリは生涯にわたって尾だけでなく、目や脳、心臓の一部を切り取っても再生する。ほかの動物にない高い再生能力に、赤血球が深く関わっていることを筑波大などの研究チームが明らかにした。再生に必要な物質を運ぶ「薬のカプセル」のように働き、再生を促すらしい。

 アカハライモリは、本州や四国、九州地方に広く生息する日本の固有種。研究チームは、成体になっても再生能力を失わないのは、進化の過程で獲得した遺伝子が関係しているとみてイモリの脚の再生過程を調べた。
にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ 続きを読む
ギャラリー